スポンサーリンク

らーめん ハルヤ

スポンサーリンク
~星3.5

魚沼市にある「らーめんハルヤ」さんに初めてお邪魔しました。(`0´)ノ

魚沼市って言ってもピンと来ない人多いんじゃないでしょうか?昔で言う北魚沼郡に属した堀之内町、小出町、湯之谷村、広神村、守門村、入広瀬村の6つの自治体が合併してできた市なんです。

(北魚沼郡って言われた方がピンとこねーわ!)

こちらのお店、2018年の10月にオープンしたそうで、昔で言う広神村にあたる場所になるのかな?

新潟からだと国道17号で魚沼市の四日町の信号を左折し、直進するとわかりやすいと思いますが、今回私たちが通った道はナビ任せで小千谷から山古志方面に折れる国道291号で行きました。

あちらこちらに錦鯉を飼育販売している養鯉場があり、山古志の美しい水と大地で育てられた錦鯉は全国的にも有名でオークションでは数十万円~数百万という高値で取引されることもあるそうです!

途中、手掘りの道路トンネルとしては日本最長の「中山隧道」(なかやまずいどう)があり入ってみようと思ったんですが、怖かったのでやめました。∑(゚∇゚|||)ぶっっ!!

中はヒンヤリ寒いくらいで真夏の暑い日なんかは涼しくて暑さ凌げそうですね。^^

メニューは「塩らーめん」「正油らーめん」「しお白湯」「しょうゆ白湯」「背脂しお」「背脂しょうゆ」「海老塩白湯」「海老正油白湯」「ガリモヤ」「味噌らーめん」「あさ白湯」「ガリモヤとんこつ」「たまり醤油」

結構、メニュー豊富ですね!

無化調を謳っており、素材の味を生かした素朴な味が楽しめます。^^

全てのラーメンが細麺に変更可能ということです。

たまり醤油 ¥930

ico_grade6_3h.gif

見てください!この濃いぃ~色!

決してブラックではありません!キッパリ

見た目しょっぱそうでしょ?ぜ~んぜんしょっぱくな~い

むしろ甘さすら感じます。!

この味をわかりやすく表現すると、煮魚を煮た醤油ダレっぽい感じ。

奥深い醤油のコクと魚介の出汁が合わさったなんとも芳醇な味がします。

この色!好き(/ω\)

こんな色なのに全然しょっぱくないって不思議~~~

麺もご覧のように醤油色に染まっています。!

コシの強い、どちらかと言うとパスタに近いツルツル食感の麺です。

大盛は+60円となっています。

※細麺に変更可能です。

しお白湯 ¥930

ico_grade6_3h.gif

こちらはクリーミーな白湯スープです。

全くと言っていいほど臭みを感じません。!

こんな真っ白なスープ久しぶりです。

乳化したスープは思いの他スッキリとしており、旨味を感じます。^^

厚めのチャーシューが2枚、コリコリの青菜もいいですね。♪

 

中太のストレート麺。

パスタのようなツルツル食感の麺です。

大盛は+60円となっています。

※細麺に変更可能です。

限定麺なんかも時折登場したり、魚沼に楽しみなお店が出来ましたね。^^

すぐ近くに生姜醤油の店「らーめん小馬」(ポニー)があって、そっちも気になる~~~

 

 

らーめん ハルヤ

住所:新潟県魚沼市下田15-1

営業時間:10:00~15:00(L.O)

【土・日】 8:00~

定休日:月曜日、他不定休あり

駐車場:有(7台)

コメント

  1. ペコさん より:

    こ~こかと思えば ま~たまたアチラ♪
    渚の帰りでしょうか? (^^;)

    太麺硬麺好きのオイラですので「たまり醬油」なら中太一択、
    でも「しお白湯」は細麺かなぁ。

    それにしても大盛は安いけど、基本的に強気な価格設定ですな。

    たまり醤油に、ご飯も付けたい(無いけど)トコロですけど
    軽く1000円オーバーしちゃいそうですね (ノД`)・゜・。

    • ペコさんへ
      「渚」とは違う日です^^;お天気も良かったのでドライブがてら行ってみました。
      中々の山の中ですからねー。。とわ言っても「ハルヤ」のあるところはそこだけにぎやかな場所でした。
      あれだけ山の中だと値段も仕方ないのかなーとか結構材料にこだわりがあるみたいです。それも含めて仕方ないのかなーと思いました。
      たまり醬油が独特の個性があってしょっぱくないからご飯いらないかもしれない^^;
      気になってた所だったので味わえて良かったです。(*’▽’)
      ドライブがてらには丁度いいかもしれないです。S字カーブ多めですが。