スポンサーリンク

三条 中華亭

スポンサーリンク
三条市

三条背脂ラーメンの老舗「中華亭」にお邪魔しました。

実は「中華亭」は燕市(旧分水町)にあるお店が元祖で、そちらで修業した方が今の「いこい食堂」の店主で、のちに「中華亭」、「龍華亭」、「いこい食堂」とご兄弟で経営することとなります。

そんな経緯があるため「三条 中華亭」とつけさせていただきました。

新潟市内にも「中華亭」がありますが、こちらの店主は「いこい食堂」で修業され独立されたそうです。

先日「龍華亭」にお邪魔したので、この流れで3店制覇しようと思っています。(`0´)ノ

「龍華亭」の記事

メニューは看板メニューの「中華」が750円、メンマ中華、チャーシューメンになると1050円と一気に大台を超えてきます。(;´・ω・)

他に「みそ」や「五目」「やきそば」などレパートリーに富んでいます。^^

全体的にややお高めの値段設定となっています。^^;

中華(大油) ¥750

ico_grade6_3h.gif

先日うかがった「龍華亭」でノーマルだと背脂が思いの他少なかったので、こちらでは大油にしようと初めから決めていました。(`0´)ノ

大油で正解でした!

こんなに油ギッシュなのに全然くどくなくてマイルドな柔らかさがあります。醤油が強めで濃いめの味ですが新潟県人にとったらちょうどいいしょっぱさ♪

刻み玉ねぎは気持ち程度しか入っていませんので物足りない方は玉ねぎトッピングしておきましょう。

ちなみにほとんどの方が「大油」「玉ねぎトッピング」でした。

麺は太めの平打ち麺でモッチモチの食感でどことなくうどんのようなイメージがあります。

燕・三条背脂系にはこのようなうどんのような平打ち麺を使っているお店が非常に多いです。

この麺、非常に愛着がわく麺でお年寄りにもとてもファンが多いのです。

燕・三条背脂系の人気はこの麺にあると言っても過言ではありません。!

メンマ中華(中油・玉ねぎトッピング) ¥1050+¥50

ico_grade6_3h.gif

私はこれにしました。♪

なんか、これ頼んでいる人が多かったのでそれならばと頼んでみました。

油は「中油」にしておきました。^^;私はこんなもんで十分ですが、大油も全然脂っこく感じなかったのでどっちでもいいかもです。^^;

マイルドな油感が味わいたい方は「大油」、エッジの効いた醤油の風味を楽しみたい方は「普通」か「中油」でいいと思います。^^

玉ねぎトッピングは正解でした。^^

玉ねぎの辛みが濃い目のスープと相性抜群♪口内もサッパリとしてくれます。シャキシャキの食感も良いアクセントになりますね。^^

メンマは小さめにカットされ味付けされています。メンマのコリコリとした食感と玉ねぎのシャキシャキ食感が柔らかめの麺と相性抜群!

中華、メンマ中華ともにとても好印象でした。♪

先日食べた「龍華亭」のラーメンと似ていますが、やっぱり店によって味も麺も違うんだなって感じました。

お隣の方が食べていた「やきそば」や「みそ」も美味しそうでした。♪

厨房から調理しているチャーハンでしょうか?とてもいい匂いがしてまた来たいなって思いました。

古き良き町の中華屋さん最高です!

 

 

 

中華亭

電話:0256-33-0466

住所:新潟県三条市西裏館1-14-21

営業時間:[平日]
     11:30~14:30
     17:00~20:45
     [日・祝]
     11:30~14:30
     17:00~20:00

定休日:月曜

席数:28席(カウンター8席、4人掛けテーブル4卓、座敷4席)

駐車場:有(6台)

コメント

  1. らーめん侍 より:

    いつも楽しく拝読させて頂いております。
    「古き良き町の中華屋さん」最高ですね。
    小生も、その意見には賛同致します。
    オーソドックスなラーメンでも、少々味の薄い焼そばでも、何故か親しみを感じて、許せますよね。本来はそれが一番のご馳走だと思ってます。
    今回の中華亭さんも、元々はそんなお店だったんでしょうね。味は少し濃いかも知れませんが。
    そんな町の中華屋さん、これからも大切にしていきたいですね。
    今回も良い食レポ、ありがとうございました。
    また、つまらないコメント、どうかご容赦下さい。

    PS:東区山の下の清水フードの隣に、町の中華屋さんがあります。そこのご飯物が美味しいと評判です。最近はわかりません。ただ、麺類はイマイチとの事。麺類だったら、その近辺のラーメン屋さんをお勧めします。

    • らーめん侍さんへ
      あ~わかります!
      「湯麺餃子 中華楼」ですね!
      前から気になっていたんです、「湯麺餃子」って何だろうって?(笑)
      いかにも昭和レトロな中華屋さんて感じですよね。^^
      「古き良き町の中華屋さん」で間違いなしです!

  2. トッキィ より:

    プーちゃんママさん、こんにちは(^^)/

    県央地域のソウルフードと言えば、やはり太麺に背脂たっぷりの中華そばでしょうね。

    中でもいこい食堂、中華亭、龍華亭さんは大人気のお店です。

    ご兄弟がそれぞれに独立してお店を構えていらっしゃるので、麺や味付け、値段もバラバラですね。

    以前はいこい食堂さんに製麺機があって、3店舗分の麺を打っていましたが、今はどうされているのでしょうね。

    今でこそ格差は無くなりつつありますが、昔から県央地域のラーメン価格は他の地域と比べて、やや高めなんですよね。

    たぶん燕市の某有名店の価格が基準なのではないかと推測されますが。

    ちなみに新潟市の中華亭さんは、三条中華亭さんの支店ではありません(笑)

    皆さん、いこい食堂で修行をされた仲間達なんですって。

    • トッキィさんへ
      新潟市の「中華亭」は三条中華亭の支店ではないんですね。^^;
      3兄弟と一緒に修業されたのですね。
      教えていただきありがとうございます。
      記事の方は訂正しておきます。^^;

  3. ペコさん より:

    燕市の中華亭から発端の三条中華亭、いこい、龍華亭、
    そして新潟の中華亭。

    最近刑事ドラマにハマっているんですが、被害者と加害者の
    複雑な相関図みたいに思えてきました(笑)

    こんなラビリンスな関係はサラッと背脂で流してこないと(*^^)v

    • ペコさんへ
      ホント!そーなんですよね。掘り下げて初めは?とか考えてるとだんだん難しくなって刑事ドラマのホワイトボード
      に構図が描かれてるみたい。(笑)
      またサラッと食べに行きたいです。(*’▽’)